洋裁が得意というほどではないのですが好きで、ずっとJUKIの電子ミシンを使っていました。ミシン

でも2年ほど前に故障し、修理代が高く付きそうだったので処分してしまいました。

修理すればよかったと後悔しています。

今になってまたミシンで縫い物がしたくなってしまい、それならばと前のミシンのマイナスポイントだった「重い・大きい・高価(20年前当時で48,000円程度)」を克服した、安くてコンパクトなミシンを買いました。
IMG_20220824_163609_1
このミシン、欠点もあるのですが総じてとてもハイコスパないい子なんです。

それなのにAmazonや楽天には酷評が溢れています。

なぜだろう…?


*目次

▽ほかにこんな記事もあります▽


激安コンパクトミシンを購入するまで

購入したのはこちら。

FHSM-505B-NSETという機種です。お店によってはFHSM-505B-RD(レッド)またはPK(ピンク)という表記になってたりします。

メーカー名は「SIS(エスアイエス)」ですが、聞いたことがありません。

ホームページを見つけました。
日本の会社で、海外工場で各種製品を製造しているようです。

FHSM-505B-NSET スペック
* サイズ(約):幅27.5×奥行き12×高さ26cm
* 重量(約):2kg
* 定格電力:100V、50/60Hz
* 消費電力:7W
* 使用電源:単三乾電池×4本(別売り)
* 材質:ABS、POM、Q235、亜鉛合金、アルミ合金
* コードの長さ:ACアダプタ/180cm、フットペダル/140cm
* 生産国:中国

いくつかある5,000円以下のミシンの中で「返し縫い」「12種類のステッチ(本当は直線とジグザグだけでいいけど)」「フットコントローラー」があることがこの機種にした決め手でした。

でも、前の子についていた「自動糸通し」「自動糸調子」「全自動ボタンホール」「針停止位置」などの便利な機能はありません。

SIS製についてはAmazonの評価平均は3.5程度なのですがサクラチェッカーは合格。
サクラ2
Amazonの商品ページへ▷▷SIS コンパクト電動ミシン FHSM-505B-NSET-RD レッド

ホームページで確認したところ、SISが作っているのは赤とピンクのみです。

ところがAmazonには中国の会社と思しき別メーカー製の、FHSM-505B-NSETと外見のよく似た、色だけ違う類似品が沢山出回っています。

中国メーカー製のものは商品説明の日本語がおかしく、サクラチェッカーは軒並み危険レベル!なのです。
サクラ
これらの、どう見ても同じ型に見える、SIS製と色違いのミシンたちはアマゾンにいくつも出品されていて、製造メーカーがZOYUBSや‎WENMILYやToshaanや‎Utenなど出品者ごとに全部違います。
ミシン一覧
▽サクラチェッカー


サクラレビューが多いからと言って品質が悪いとは限りませんが、サクラを雇って評価点数の底上げをする会社の製品は買いたくない…

別メーカー製は主に紫が多いのですが、黒や黄色や青も見ました。SISと同じ赤・ピンクもありました。

どのメーカーも、検索しても実態がわかりません。中国系のダミー会社ではないかと思います。

私は日本のメーカーでサクラレビューも居ないSIS製を購入しました。

低評価は気になるけど試してみたい気持ちが強く、クーポン&ポイント還元で実質3,700円程度で購入できるタイミングで注文しました。

プラスチックのボビンが使えないと複数のレビュワーが書いていて、そんなこと商品説明にはないのに本当かな?と購入前は半信半疑だったので、その点もご説明したい思います。


FHSM-505B-NSET紹介

小さくて軽いです。
IMG_20220824_163609_1
2kgしかありません。新生児の2/3程度(笑)。

地の色は真っ白じゃなく薄いブルーグレーです。
IMG_20220824_163800_3

説明書です。
日本のメーカーなのでもちろん日本語です。
IMG_20220825_071640_0
内容は割と大雑把ですが、必要なポイントは押さえてると思いました。充分です。
IMG_20220825_071722_1
6ヶ月保証とお客様窓口の記載が取説にありましたので、少し安心。

付属のミシン糸は小さいです。
IMG_20220824_180638_15
一般的なシャッペスパン#60の200m巻と比較するとかなり小さいですね。

この付属の糸をセットすると糸コマ押さえで固定できるのですが、
IMG_20220824_181033_21
シャッペスパンや100均の普通のミシン糸だと糸立て棒が短くて糸コマ押さえを嵌められません。
IMG_20220824_180816_16
糸立て棒をもう少し長くしてくれるだけで使いやすくなるのになあ。

でも糸コマ押さえを使わなくてもこのままで縫えます。
YouTubeにもこのままで縫ってる動画がありました。

糸の通し方・下糸のセットの仕方は取説に詳しく書いてあります。

本体に糸の通し方が書かれていて迷うこともないと思うのですが、わからなくなっても取説を見れば問題なく通せると思います。

針糸通しは手動なので、
IMG_20220824_183531_27
やりにくいですが後ろから糸通しの針金部分を針の穴に入れて糸を「前から後ろに」通します。

そして!驚いたこと。
このミシンはボビンを入れる向きが一般的なミシンと逆です!

取説を見て、あれ?と思い調べましたが、記憶違いではないようです。

こちらはブラザーのHPより。

ブラザーミシン
出典:brother.co.jp

一般的なミシンは、水平釜にボビンを、巻いてる糸が「P」の形になる方向で入れます。

が、FHSM-505B-NSETは逆向きの、糸が「6」の字になる方向で入れるという罠があります。
取説より▽
下糸のかけ方
ミシンに慣れてる人ほど手癖で覚えてる向きに入れてしまいやすいと思うので、ご注意ください。


縫ってみます

12種類の縫い目番号はこうなっています。
IMG_20220825_140047
縫って、撮ってみました。
IMG_20220824_175017_8
IMG_20220824_175046_9
※下糸が強いですねすみません…

直線縫いは3段階で縫い目の大きさ調整ができます。

まつり縫いもザッとやってみました。
IMG_20220824_175446_11
ボタンホール(+─砲呂泙聖遒靴討い泙擦鵑、今まで全自動だったので練習が必要ですね。

購入前の予定では使いにくいけど安いから仕方ないかーと試行錯誤しながら縫っていくはずだったんですが…

意外にも、全然スムーズなんです。

今のところ、薄物の縫い味に関しては過去のJUKI機との差を感じないほど快適です。

縫い目の美しさは及びませんが、個人的にはこれでも充分。


「カラフル糸セット」プレゼント中(なくなり次第終了)でした。これはラッキー。
IMG_20220824_163540_0
品質はちょっと…な感じですが貰ったものなので文句なし。

なかなか買わない色が沢山あって楽しいです。

付属の糸はよく使う60番の糸よりやや太め。
IMG_20220824_163922_4

上糸は標準的なシャッペスパン200mが使えます。IMG_20220824_180900_17
糸コマ押さえをはめることはできませんが、これで縫えます。

サイズの大きい700mのシャッペスパンは糸立て棒のスペースにセットできません。
IMG_20220824_181412_25

プラスチックボビンが使えないって本当?


前のミシンは処分してしまったのですが糸は残していました。IMG_20220822_212224_4

プラスチックボビンに巻いたままの糸もあるので、これらが使えるといいのですが…

残念ながら、取扱説明書に以下の記載がありました。
ボビン
…なるほど…

釜に磁石を使っているとは。
謎が解けました。

商品説明に書いてくれていれば承知の上で買うのですが、何の説明もないのはちょっと困りますね。

今やプラスチックボビンのほうが主流ですし。

オマケでもらったこの糸は品質がいまいちですが、金属ボビンが28個もついているのは凄く助かります。
IMG_20220824_164912_5
手持ちのプラスチックボビンに既に巻かれている糸はこちらに巻き直せば使えそうです。

金属ボビンってもうDaisoじゃ売ってないんですね。
ユザワヤなどならありそうですが。

こちらがこのミシン対応のH-1型金属ボビンです。

※ボビンを上糸として使う方法もありますよ。

試してみました。
IMG_20220824_184620_28
上糸はプラスチックボビン、下糸は金属ボビンで縫ってみました。

※実はだいたいどんなミシンでも、ボビンを上糸にセットしても縫えるんです。

このように、縫えました。
上糸をボビンで縫う
こんなふうに、工夫すれば手持ちのプラスチックボビンの糸も無駄にしなくてすみそうです。

小物を作ってみました

格安ミシンでミニ財布を縫ってみました

こちらの動画の作り方で、少し縦を小さくして作りました。


視聴していただくとわかると思いますが滅茶苦茶簡単です。

もっと細かく制作過程のレポートを入れたかったのですが、この記事すごく長くなってしまったので割愛。

完成品です。
IMG_20221010_225344
理想的なサイズに仕上がりました。
IMG_20221010_224950
そのうち作った物たちを別記事にまとめたいです。


マイナスポイント&まとめの感想

以前、JUKIのミシンを買った時は、お店の人が使い方を丁寧に教えてくれました。

おかげで20年以上も愛用できました。

格安ミシンを通販で買うと取説だけが頼りで、困ったことがあっても自分で情報を集めねばなりません。

購入される際はYouTubeで購入者の開封動画や使用動画を検索して視聴しておくことをおすすめします。

今回の機種FHSM-505B-RD(またはPK)を検討されている方にはこちらの動画がおすすめです。


動画は文章や写真のレビューより遥かにわかりやすいです。

FHSM-505B-NSET以外でも、Amazonで見かけるような格安ミシンは大体動画が上がっています。

予備知識があれば、レビューに溢れてる「最初からまったく縫えない!絡む!折れる!ガラクタ!ゴミ!」なんて事態はかなり減るんじゃないかなぁ…と。

初期不良が発生した場合、何日以内なら交換や返品に応じてもらえるかというのはショップごとに異なりますので、購入前に調べておきましょう。

安い分、不具合が出る可能性は高めだと思います。

届いたらすぐに正常に動くかどうか確認し、気づいたら返品交換期限を過ぎていた…ということにならないように気をつけましょう。


実際に縫ってみて不便に感じたこと


  • スピードコントロールがローとハイの2種しかないので「凄くゆっくり縫いたい」や「がーーっと早く縫いたい」といったことはできません。

「フットペダルは踏み込む強弱に関係なく縫う速度が同じ」(取説より)です。

運針の速さは上に貼った動画が参考になると思います。


  • パワーが弱く、生地が厚いと針が刺さりません。
生地が数枚重なっている箇所はプーリーを回して慎重に一針一針縫いましょう。

  • 返し縫いは針が止まった状態でレバーを下げても動きません。
返し縫いレバーを下げながらフットペダルを踏むと縫えます。
手動操作の場合は2センチ程度縫い、縫いながら返し縫いレバーを下げると後退し、程よく戻ったらレバーを離すという…これ普通なのかな…前の子は止まってる状態でもレバー引けば動いたので。

  • 上糸通しは面倒です。
穴を通す作業が針を含め3回あります。
上糸通し
穴通しがひとつもなく全箇所ひっかけるだけで済んで針穴通しも自動だった過去のJUKI機にどれだけ甘やかされていたのか思い知りました…

針以外は大きめの輪なんだからすぐ通るだろうと思っていたら、これがなかなか難しい。

ちなみに、ミシン針専用糸通しという道具もあります。

ミシンの針糸通しが苦手な方におすすめです。
慣れるととっても便利ですよ。
反対側には針拾いマグネットがついていて、机に落ちた針を簡単に取れます。

  • 水平釜の蓋が外れやすいというレビューが複数あったのですが、最初は本当にそうだ…と思ってました。
IMG_20220824_175657_14
この蓋が、布を外すと一緒に外れて落ちてしまっていました。

でも、もう一段階深くカチッと差し込めることにしばらく経ってから気づきました。
これ以上入らないというところまでスライドさせたら、更に力を入れて前方に押し込んでみてください。
カチッと嵌り、落ちなくなります。
気づくまでマステで固定して縫ってました。

…このように色々と、縫い手側で臨機応変に微調整をしながら使っていくミシンです。
不便なところが沢山あります。

それでもこの安さでこの使いやすさなので、おすすめできると思います。

ただ、初心者にもOK!と書かれている商品説明やレビューもありますが、超初心者にはおすすめできないな、と感じます。

ある程度ミシンを使った経験がある方におすすめです。

個人的にはとってもいい買い物でした。

「格安の割には使える」ものだったらいいなと思っていたら、「格安とは思えないほどしっかり使える」ものでしたよ。

DAISOで収納用の袋を買いました。

安くてサイズが合ってホコリよけに口が閉まるものを探し「ファスナー付ショッピングバッグ」という商品にしました。110円。
IMG_20220822_130028_2
ミシンと、ミシン糸を収納している100均のケースを一緒に入れられる大きさです。
IMG_20220825_130454_4
出し入れ便利です。
IMG_20220825_130728_6
もっと小さい、ミシンのみを入れるのにちょうど良さそうなサイズのファスナーバッグもありましたよ。


こちらの記事もいかがですか?

ブログランキング・にほんブログ村へ 
△クリックいただけると嬉しいです△

タグ

コメント

承認後に表示されます
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット